危険な目に遭いたくない人は注目!賢く滞在するためのコツ!

ラスベガスでギャンブルをするために無駄な出費を控え、安いホテルに泊まることを考えていませんか?確かに運が良ければ何のトラブルもなくそこで過ごすことができるかもしれないですが、少なからず低単価のモーテルでは強盗が入ってきたりと犯罪が発生しているので注意が必要です。治安が良いところと、悪いところがラスベガス内に複数あるので、どこが安全でどこが危険なのかを知っておくべきだね。場所によっては全米の平均よりも、車上荒らしや殺人などの事件発生数が多いので地図に印をつけてわかるようにしておこう。カジノを併設したホテルが多く立ち並ぶ「ストリップ通り」は基本的に治安が良いです。ただ、その区域のなかでも人通りが少ないところはスリなどの犯罪が起きやすいよ。ドラッグディーラーや売春婦もいるので間違っても近づかないように。

稀に有名ホテルのなかでも、日本人をターゲットにしたスリが発生しているという情報もあるんだ。ホテルのなかにセキュリティカメラがあるとはいえ、どうしてもカバンや財布をギャンブルに熱中している際に気づいたら盗られるといったケースはあるんだ。貴重品はセキュリティボックスの中に入れておくべきですが、何故かというと部屋の中に泥棒が入ってくることも珍しくないから。ホテルのスタッフが窃盗をする可能性もなくは無いので、旅行中だからといって浮かれることなく注意することも求められるよ。

それと、海外ではよくあることなのですがシャワーの水圧が弱いことが珍しくない。宿泊費が低いだけあって、やはり得られるサービスの質も低いんです。また、部屋には新聞が運ばれないことがほとんどだね。コスト重視の経営をするホテルでは、特にこの傾向がある。コーヒーメーカーやマッサージチェアなどもないことがほとんどなので、そこに日本人は驚くかもしれない。しかし、お酒やたばこはカジノのあるフロアで無料で利用可能となっている。カジノ付近になら、新聞もコーヒーメーカーもあり、もちろんそれらも無料。経営のために宿泊客にはギャンブルをしてほしいとホテルの運営者は思っているので、遊技機近辺にそういった設備などを置いているんだよ。

この街は日光が強烈なので、是非サングラスを持っていくといい。砂漠気候なので、ここを訪れる際にはミネラルウオーターも必須アイテムといえるね。500ミリではなく、できれば1リットルのものを持ち歩くといいでしょう。それだけ外を歩いていると水分が欲しくなりますよ。また、カジノのなかではかなり冷房が効いているので、夏にここに遊びに行く際であっても生地が薄い上着は持っていった方が良いですね。

因みに、マカオのホテルは香港よりも安いので、これまで香港にしか行ったことが無い、という人であればコスト面でお得感を感じることができるでしょう。日本のビジネスホテルくらいの施設に泊まりたい、と考えている場合は1万円くらい、MGMなどの有名ホテルであれば3万円くらいで宿泊可能。スタッフのレベルは人にもよりますがレベルが高いので安心していいよ。つたない英語であっても十分通じるし、マカオのカジノで遊ぶために多くの日本人が来ているので、日本人の扱いに慣れているスタッフが多数いるよ。

年齢制限はどうなっているのかというと、21歳以上の人なら遊べるぞ。年齢確認は最初に1回されるだけだが、くれぐれも年はごまかさないようにしてほしい。お子さんがカジノで遊びたい、といった場合でも年齢によってはテーブルにつけないことになるので把握しておくとよい。

また、ブラックジャックなどで遊び疲れた場合は電子カジノに足を運んでみるのもよいね。それはディーラーとコミュニケーションをとらないでも良いし、音もそんなにうるさくないので黙々と作業するようにギャンブルを楽しみたいと思っている人には良いね。

注意点としては、マカオ政府が認めたカジノだけが合法だということ。この街に慣れていない人は、路上で「面白いカジノがある」などといって声をかけて勧誘されることがありますが、そういった誘いは必ず断るようにしてください。違法カジノで遊ぶことになるので、現地の警察につかまるだけでは済まなくなるから。

この街のカジノはドレスコードがヨーロッパのカジノより緩いところがいいね。アジア系の利用客ばかりだから日本人が行ってもほとんど目立たない。ジーンズにシャツ1枚であってもサンダルでなくスニーカーを履いていれば大丈夫。

どういった通貨を使うことになるかというと、意外にもパタカではなく香港ドルを使うケースが多いんです。なので、間違ってもパタカを持ち込むのはやめましょう。カジノのあるフロアには両替所とかATMがあるので、そこで日本円から香港ドルに交換して、そのドルをチップに交換するという流れになっている。

また、カジノではマーケティングの一環として会員制度を設けているんだ。日本人でも勿論会員になれて、貯まったポイントを宿泊券と交換出来たり、指定されたレストランの料金に割引が適用されることもあるからお得だね。