カジノは日本を救う有効策

ブラックジャックは有名でスロットマシンやルーレットもカジノにあります。日本にカジノを作る理由はなぜでしょうか?設置が本格化した中、どうして今カジノを作るのかという理由を紹介。

まず日本にカジノを作るのはすごいことで、非常に大きなメリットとデメリットがあります。日本にカジノを作ると確実に全国の国民に影響が出ます。日本はお金は国内にかなりありますが、問題はお金の流れ。

景気が悪いというのはそこらじゅう耳にするものですが、基本お金の流れが悪いせいでこんなことになってるわけです。その中でとてもいいお金を動かせる方法が、日本にカジノを作ること。

日本は外国に比べ特殊な状況で、カジノを作るメリットなど知る前に少子高齢化社会ということが日本にあります。

日本は国民的に安定志向で、まじめな国。お金をなかなかたくさん使えません。貯めることがあっても使うといった発想がないわけです。また、不測の事態に備えてというように一見堅実ですが、正面だけ見ています。

お金を得る手段と使い方がマンネリ化していて、決められた時間働きサラリーを得るスタイル。こうしたループから抜け出せません。

そして少子化は子供の数が少なくなることですが、問題なのは老人の数が多いこと。老人がお金をかなり持ってるところが問題です。一番もうからない時期から儲かる時期までフル活動してる世代だからで、お金をもってないはずがありません。

何と日本を回ってるお金で6割は65歳異常が持ってることに成ります。ただでさえ動かさない日本人。残り4割で戦わなくてはならず、経済が切迫します。

そして日本のカジノ設置で発生するデメリットを恐れています。やはりカジノの実が経済復活できる手段ではありません。

さて日本のカジノを作るメリットですが、低く見積もって1日平均2000人遊びに来て全員1万円使ったら、2千万のお金になります。

なお滞在中飲食サービス、ホテルにも宿泊し、タクシーなども使いますから、カジノだけではありません。

そして外国人観光客が一度の旅行で使う額は約10万で、日本に来る人は増えていて2014年は1300万人。カジノ設置で観光客が1500万人になれば、10万使っただけで1.5兆円にもなります。

そしてカジノ設立、運営には人が必要で、とても大規模な事業になりますから、人手が足りません。

当然日本のカジノ周辺は一気に潤い活性化するはず。これは企業にとってもよい話で、金回りがよくなります。

そうするとますます雇用機会が増え、新たな商売が始まり景気が上向きに。この様に連鎖的に良い影響が出て、全体化が活性化します。

カジノができて経済活性化すると、円安時代をふきとばせて円高に持って行けたりします。

円高は輸入などで有利になり、基本いま日本は多くの輸入品があって、国民が利用するもののほとんどはそうしたもの。

勿論安いにこしたことはありません。日本にカジノができ、旨い事連鎖すれば景気がよくなり余裕が出てきます。すると自分で経済活動する気も出てきて、現状のような停滞していた時期に比べ住み心地よくなります。

しかし増えてくるのが強盗や窃盗で、こうしたカジノが優先されてターゲットとなります。詐欺も増えてきてボッタクリバーも出てくるはず。そして、闇商売の横行もあるでしょう。ヤミ金融は法律を無視して、お金を貸してくれますが、異常な金利を要求したりします。何とこうしたものとカジノは相性がよく依存症と言えるほどはまり借金地獄に陥ってしまう方が多いと聞きます。

また裏カジノもあり、これは法律無視の異常レートでするものであり、カジノ自体違法で、良いレートであってもカジノは日本で違法ですが、日本にカジノが増えれば、知らない方や興味ない人も関心を寄せてきます。

そして運よくもうけられて、その人をマークして「うちのほうが稼げる」と耳打ちしたり、観光客もターゲットにされるわけです。

勿論警察に摘発される件数も増えて、騙された方の財産は戻ってきません。問題なのは家事の依存で借金してしまう人がいて、そうした方が今後増えるかもしれないということ。

会社のお金を使ってしまったり家族に黙って借金をしたり。怖い話です。こうしたデメリットをうまく国が対処してくれるのを望みます。そして日本初のカジノは大阪か横浜のようですが、大阪は圧倒的に広く、土地が広いのはそれだけ大型にでき収益を見込めます。

勿論巻き込んでいくほど経済効果も大きくなって、企業も勝馬に乗りたいですから、参入できる可能性が高い大阪を後押しするはず。さらに立地もよくて、空港も近く、観光名所が豊富です。これにより大きな経済効果を見込めます。

そして基本方針で、2020年東京五輪に間に合わせるようです。ですが予定通り完成するとは思えませんが。やはり多少のリスクがあってもカジノは立てるべきでしょう。時間をかける余裕はなく、無理やり作っていかないと日本の未来がありません。